NEWS


2017/05/19

ファン累計400万以上の外国人ユーチューバーネットワークによる、生きた英語で日本を伝えるメディア「BREAKER JAPAN」を6月1日にβ版公開

次世代エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ)は、所属する日本在住の外国人ユーチューバーと共に、「海外の感性で日本を伝えるメディア」として、「BREAKER JAPAN」を来月6月1日にβ版を公開する事を発表致しました。

BREAKER JAPANは、既に多数のファンを抱えるインバウンド・インフルエンサーが先頭に立ち、生配信や360℃カメラなど最新テクノロジーを活用しながら、日本の観光・フード・ミュージックなど、外国人が知りたい!面白い!と思う形で届けるエンターテイメントメディア。 またネットスラングなどを駆使し、日本の姿をより生きた英語で届けるこれまでにないメディアを目指す。

編集長は、イギリスと日本のハーフであり、数々の外国人YouTubeチャンネルのディレクションに携わるダン・ウィルキンソンが務め、その意向に賛同した累計200万人のファンを抱え、英語圏への発信力アジアNo.1の「Simon & Martina」や、女性単体での英語圏への発信力No.1となる「Sharla in Japan」や、ブラジルに60万人以上のファンを抱えるHiroこと「Aqui Pode」など実力・実績を兼ね備えたユーチューバーが日本を紹介するライター・特派員として名を連ね、そのファンは累計400万人を超え、開始時から多くのファンを抱えるメディアとなる。

今やYouTubeやSNSを通じて世界中に発信できる時代こそ生まれた、日本と世界を繋ぎ、またネットとリアルを繋ぐ、メディアのあり方を示すものとなる。

β版は6月1日にローンチ。当初は英語での発信のみとなり、今夏には中国動画プラットフォームを活用した中国語版も公開予定となっている。

BREAKER JAPAN URL: http://breakerjapan.com



BREAKER JAPAN編集長 ダン・ウィルキンソン コメント
僕が日本に来て、これまでもずっと強く感じていたのは、自分のニーズを満たした海外向けメディアがなかった事です。 今回作るメディアは、発信者として影響力のあるクリエイターと、海外出身のネイティブスピーカーによって作るというコンセプトが最大の強みで、タイムリーな日本を世界に向けて発信し、僕と同じ想いを感じていた人たちにも満足してもらえる魅力的なプラットフォームを目指します。 海外出身であり、そして自身の目線で日本を切り取ってきた僕だからこそできるメディアですので、ぜひ皆さん今後のBREAKER JAPANの動向に注目してください。

Simon & Martina コメント
私たちはBREAKER JAPANに参加する事にとてもワクワクしています。なぜなら気心の知れたダンが編集長として運営をするメディアだからとても安心しているし、視聴者にとっても良いものができると確信しているからです。 そして今回の取り組みは、僕らにとっても大好きな日本をYouTubeの枠組みに捉われず広く紹介する新たな挑戦であり、チャンスでもあると思っています。 是非僕らが提供する日本のリアルな情報を楽しみにしていてください。

◆ブレイカーについて(公式ウェブサイトhttp://brkr.jp
ブレイカーは、日本初の次世代エンターテインメント・カンパニーです。独自ネットワークとテクノロジーにより、日本と世界の垣根を超えて、動画とソーシャルメディアを中心としたエンターテインメント戦略を包括的にプロデュースしています。このことが世界中から注目され、国内だけでなく世界中から出資されています。ブレイカーはMTV Japan 元Vice President のアレン・スワーツとDFR ASIAのCo-founder ジョン・ポスマンによって2013 年に創設されました。

NEWS LIST PREV >