2015年、国内最多視聴回数を樹立したオンラインドラマ「隙間男2」、 オンラインと舞台公演をつなぎ成功を収めた「秒速ドリーマー」、 「劇団スカッシュ」というクリエイター集団が大きな可能性を指し示す。

多くの視聴者を抱え、たちまち脚光を浴びる存在となった“YouTuber”と呼ばれるクリエイターたちがいる。日々、視聴者に向け作品を送り続ける彼ら、しかし、カメラの裏側にいる本当の姿を誰も知らない。

2015年、クリエイターやアーティストなど数多くの表現者に可能性を指し示した作品が誕生した。これまでの動画と比べハイクオリティな映像とストーリーテリング、そして国内外で活躍する人気”YouTuber”たちが出演し瞬く間にトータル3000万回以上の視聴回数を記録した「隙間男2」。続く「秒速ドリーマー」では、同一タイトルで舞台公演とオンライン配信を行い双方でヒットを記録した。これらの作品を手がけたのが「劇団スカッシュ」というクリエイター集団である。国内唯一と言っていいほどのクオリティ高い動画という作品を配信し続け、瞬く間に人気“YouTuber”の仲間入りを果たした彼らだが、彼らが体現し、切り開いてきた道のりは他の“YouTuber”とは異なる。リアルな劇団として誕生し公演を続け、YouTubeに出会い、動画という作品を通じて彼らが目指す[表現者]としての想いとは、初めて語られる彼らのリアルとオンラインの考え、そして手にした結果の数々、今を生きる[表現者]として語る珠玉の言葉一つ一つ、「YouTubeドキュメンタリー劇団スカッシュ」が4週連続で公開となる。

これまで「THE SOCIAL PLAYERS」は、日本を代表するHuman BeatBoxerへと成長を遂げたDaichiやBeauty系”YouTuber”として多くの女性支持者を抱えるSekineRisa、キャラ弁など世界中から注目を浴びる夫婦”YouTuber”の妄想グルメ、財部亮治といった多くのファンを抱える”YouTuber”たちを描き、普段垣間見れない姿を追い続けている。

« Back to News