2015年3月に発表後、歴代2位となる全米シングルチャート14週連続1位を獲得、MVのYouTube再生回数が瞬く間に4億回を突破、全世界61ヵ国のiTunesシングルチャート1位や英米同時1位制覇、2010年代でもっとも長く1位を制覇したシングル曲など大記録を数々樹立し続けるマーク・ロンソンの「Uptown Funk(アップタウン・ファンク)」。
今やセールス記録に留まらず、世界中でパロディ化し賑やかに踊る動画がYouTubeを中心に大流行中!米大統領夫人のバラク・オバマから、65歳以上で構成されたメンバーと共に歌い踊るアレックス・ボイエや、原作者も大興奮した「ハリー・ポッター」風や、公開が待たれる映画「スター・ウォーズ」「アベンジャーズ」風にもパロディ化、また結婚式の新定番として今一番Coolなフラッシュ・モブとしても大流行中。この勢いはまだまだ止まらず、YouTubeで再生回数20億回以上を突破したPSY「江南スタイル」のパロディ動画や、昨年、1500以上のトリビュートビデオがYouTubeにアップされるほど日本を含め世界中で大流行したファレル・ウィリアムスの「Happy」同様に世界的に盛り上がりを見せ、日本でも和訳版のMVが話題となり、火が着くのは時間の問題、早くも「Happy」の再来と評される程、今、世界で最も熱いパロディ動画が「Uptown Funk」!いつこの波が押し寄せてくるのかと待たれる中、ついに日本にもパロディ化現象が上陸しました!日本で真っ先に口火を切るのは、昨年、日本初上陸を果たし大きな話題をさらったイベント「YouTube FanFest」に出演、その驚異の美声と独創的なボーカルパフォーマンスで、カバーソングのみならず、オリジナル楽曲も配信し続け、国内を代表する今最も熱い YouTuberの一人、シンガー・ソングライター財部亮治。日本の絢爛豪華な伝統芸能として世界で日本の代名詞の一つに数えられる“KABUKI(歌舞伎)”を舞台にノリノリダンスと美声を披露します。更には、この一大プロジェクトには関西で活躍するYouTuberの銀三郎、masakazu mitani、じゃく弱酸性、あやた、アリーサ、木村昴、寺田成紀、スカキャンも参加、また監督には俳優として活躍する傍ら、08年の「YouTubeアワード」にノミネートされるなどテレビ、映画、舞台に加え、映像制作と幅広いジャンルで活躍する副島新五が務め、財部亮治と関西YouTuberが一挙に手を取り、国内のみならず世界へ矛先を向け配信が決定いたしました。つきましては、是非、本情報のご紹介をよろしくお願い致します。
また、動画コンテンツを独自にプロデュースし配信する次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社は、財部亮治と今後もカバー、オリジナル曲含め、新たな動画コンテンツを配信予定です。こちらも是非、ご期待下さい。

« Back to News