YouTube不毛の地、中国市場参入を目指す国内全てのクリエイターや企業が中国内のあらゆる動画プラットフォームへアクセス可能に。

次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ、以下「ブレイカー」)は、中国大手独立系オンライン・ビデオ・マネージメント・カンパニーのEntertainment Direct Asia Ltd. (本社:SHANGHAI、以下「EDA」)との間で戦略的パートナーシップ提携を締結したことを発表いたします。
2014年の中国オンライン広告市場は前年比プラス40%成長の1540億元(約2.9兆円)規模に達し、2015年は2093億元(約3.9兆円)規模に達すると予想される中国内で巨大な市場を誇る分野の一つでありながら、他国とは異なり世界中でボーダレスに視聴出来るYouTube等が存在しないため、中国国内では多くの動画プラットフォームや動画サービス、動画アプリが乱立状態であり、日本国内から動画コンテンツを中国に配信することは容易には出来ない状態が続いていました。今回のEDAとのパートナーシップ提携により、ブレイカー独自の動画コンテンツやニーズの高い中国市場向けに動画を配信したいクリエイターや企業、コンテンツホルダーに対しチャンネルをネットワーク化し、EDA独自のテクノロジーとネットワークと接続させることにより中国内のあらゆる動画プラットフォームやオンライン・ビデオ・サービスに配信が可能となり、パートナーシップ提携を皮切りに、様々なサービスや中国市場に向けた動画マーケットの新しい価値を生み出すと共に、動画を通じての日本と中国のコミュニケーションプラットフォームの構築を目指した新たなプロデュース事業など展開を予定しています。

◆代表取締役:アレン・スワーツ コメント
今回のEDAとのパートナーシップにより、中国のオンラインビジネス市場と繋がるということは、ブレイカーやブレイカーのコンテンツパートナーなどに対し巨大な付加価値と成功を収めていくと感じ、このコラボレーションによって、これから更に生まれるサービスと結果にとても興奮しています。またアーティストの山下智博のように中国と日本の次世代を担うユーザーを繋げ、コンテンツを提供していくことは多くの可能性を秘めている試みであり今後も提供していきます。

◆EDA ゼネラルマネジャー:Alex Wang コメント
ブレイカーとパートナーシップ提携したことにより、これから生まれてくる共同プロジェクトやサービスの機会を得たことに大きな喜びをもっており、この提携により両社が成長し続けることになると確信しています。

« Back to News