巨大オンライン動画市場を誇る中国で累計視聴回数1.8億を稼ぐ大人気日本人動画クリエイター番組

次世代メディア・エンターテインメント・カンパニーのブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アレン・スワーツ、以下ブレイカー)は、中国にてパートナーシップ提携を結ぶ中国大手独立系オンライン・ビデオ・マネージメント・カンパニーのEntertainment Direct Asia Ltd. (本社:SHANGHAI、以下「EDA」)との間で共同運営している日本人クリエイター山下智博の動画チャンネル「紳士の一分間」が、2015年8月15日に上海で開催されたTodou Festival2015のComedy Channel部門において最優秀賞を受賞したことを発表致しました。

動画チャンネル「紳士の一分間」とは中国で活躍する日本人トップクリエイターの山下智博が手がける動画チャンネルで、世界最大級の視聴者数を誇る中国内の大手動画プラットフォームであるYouKu、Tudou、bilibili、Sohuなどでチャンネルを開設し、中国内で大人気番組として約1.8億回という視聴回数を稼ぎ出している動画チャンネルで、現在は日本国内ではブレイカーとEDAの共同チャンネルとしてYouTubeで視聴可能となっています。 そして、この度、8回目の開催となるTudou Festival 2015において、日本人としては異例の同祭の最優秀Comedy Channelを受賞致しました。Tudou Festivalとは、毎年、上海のExpo Garden Parkにて開催され、その年に中国内の巨大オンライン市場で話題となったアーティストやブランド、音楽、ファッション、ライフスタイル、ACG(アニメ、コミック、ゲーム)などを一堂に表彰する一大イベントであり、日本人が受賞することは快挙となります。

ブレイカーは今後もパートナーシップを結ぶEDAと共に、日本と中国市場に向けた動画マーケットの新しい価値を生み出すと共に、動画を通じての日本と中国のコミュニケーションプラットフォームの構築を目指した新たなプロデュース事業など展開を予定しています。

« Back to News