その日を必死に生きる人々が日本の“問題”についてモノ申す!
「最底辺委員会」動画はこちらから

日本の低所得者(年収300万円以下)は労働人口の40%以上を占めるが、国会には彼らの意見を表明する場はどこにもない。そこで、本来、行政や政策には反映されない、日本の低所得者たちの政治的意見を汲み上げるために、国会議事堂地下に特別に新設された。その名も「最底辺委員会」。社会問題によって底辺の生活を強いられている人物たちが集結し、日本のさまざまな問題に“最底辺な目線”で真剣討論の様子を、毎週Youtubeに公開している。 「最底辺委員会」第1弾では、地下アイドル、若手芸人、ホームレス、お気楽女子大生などが集まり、いつまでも解決しない日本の問題のひとつである「日韓関係」を語りあい、アツい討論を繰り広げ、物議を醸しだした。

そこに、スマイル党総裁・マック赤坂が緊急参戦!過去11回の選挙に出馬するもすべて落選。スーパーマンや宇宙人のコスプレで政見放送に登場したり、路上でスマイルダンスを踊るなど奇行な活動が話題となった。当選の見込みが薄いとされる「泡沫候補」にスポットを当てたドキュメンタリー映画『立候補』に出演し、その名をさらに知らしめることになる。 第2弾では、マック赤坂が、モノマネ芸人、ホスト、フリーター、ホームレス、学生運動家とともに「安保関連法案」について語った。そして、10月10日(土)にアップされた新たなテーマは「オリンピック問題」。問題が山積みとなっている2020年東京オリンピックに対して、マック赤坂と低所得者は一体どう考えるのか?そして、なぜかマック赤坂がきゃりーぱみゅぱみゅで登場!? 街のどこかに必ずいる、その日を必死に生きる人々のリアルな声を届ける番組「最底辺委員会」にご期待下さい。

◼︎最底辺委員会とは…
低所得者(年収300万円以下)の数が労働人口の40%以上を占める日本…。しかし、国会には彼らの意見を表明する場はどこにも無い。では、Youtubeで作ってしまおう!そうしてできたのが「最底辺委員会」。街のどこかに必ずいる、その日を必死に生きる人々のリアルな声を届ける番組です。

« Back to News